粉砕熱を
発生させ
にくい

(大型)

大型ウイングミル

食品・野菜・海産物粉砕の必需品

ウイングミルは特殊な形状の粉砕刃により、粉砕時の熱の発生を抑えます。それにより「食品の粉砕」、「低融点素材の粉砕」に適しております。6種類のスクリーン(網目)を交換することにより、粒度調整が可能であり、粗粉砕から微粉砕までこれ1台で行うことができます。

Watch video -下記をクリックして動画をご覧ください。-

三相200V仕様 粉砕熱の発生を抑え、
食品の粉砕に最適

特徴
  • 安全スイッチが標準装備
    (フタが開いている状態では作動しません)
  • 粉砕時の熱の発生を抑えることができる
  • インバータ標準装備により粉砕刃の回転数が変更可能
  • 粉末から粗めまで粉砕可能
  • スクリーン6枚(0.3~6mm)、回収用袋が付属
  • 粉砕刃の取り外しが容易で洗浄可能
  • 材質:接粉部ステンレス

大型ウイングミル

粉末から粗めまで粉砕可能。洗浄も容易です。

 

ウイングミルは特殊な形状の粉砕刃により、粉砕時の熱の発生を抑えます。それにより「食品の粉砕」、「低融点素材の粉砕」に適しております。6種類のスクリーン(網目)を交換することにより、粒度調整が可能であり、粗粉砕から微粉砕までこれ1台で行うことができます。

粉砕後の細かさ、粉砕処理時間などの粉砕データ

 

粉砕刃

左:WM-20/右:WM-30

左:WM-10/右:WM-20

 

 

 

粉砕後の細かさ、粉砕処理時間などの粉砕データ

 

素材名

投入時寸法

(mm)

使用スクリーン

(mm)

粉砕処理時間

(kg・1時間)

粉砕後粒径

(μm)(メッシュ)

大麦若葉 0.2 Φ0.3 2 210(70)
ネギ 2 Φ0.3 6 118(115)
鉱石 0.5 Φ0.4 6 250(60)
お米 0.5 Φ0.3 4 180(80)
にんにく
チップ
3 Φ6 20 3~4mm

仕様表

 

形式

能力

(kgf/h)

外形寸法

(mm)

回転数

(rpm)

電源

消費電力

(KW)

重量

(kg)

WM-20 5~50 600x600x670 3450(MAX) 三相200V 1.5 90
WM-30 10~100 750x600x1130 3450(MAX) 三相200V 2.2 110
WM-50 20~200 750x600x1130 3450(MAX) 三相200V 3.7 130

 

 

 

電磁フィーダ(原料自動供給)仕様※オプション

 

Watch video -下記をクリックして動画をご覧ください。-

 

ウイングミル標準仕様では、粉砕原料の投入は手動となります。電磁フィーダを使用することで自動供給が可能となります。粉砕量が多いと人がついていないといけないというデメリットがありますが電磁フィーダを使用すれば楽々と粉砕を行うことが可能となります。

電磁フィーダ(原料自動供給)

 

 

 

粉砕例