サイクル
時短と
小型化

全自動CIP 

ターンロック式開閉によるサイクル時短と小型化

CIP冷間静水等方圧は、パスカルの原理で成形体表面全てに等方圧をかける成形方法であり、金型による成形方法よりも高密度かつ密度ムラのない成形品を得ることができます。

特長
ターンロック機構採用
  • 開閉方式の工夫による小型化と動作のスマート化!
  • 蓋の開閉は、鋸刃ネジが30 度回転するのみ!

 

小型・静動
  • 投入口は上へと開くため、設置面積減少!
    機械BOX 内に機構が全て収まり、静音(60[dB]程度)

 

機構図付タッチパネル
  • 加圧設定による、1 サイクル自動化!

 

急速加圧
  • 90[s]で約150[MPa]へ昇圧可能!

 

安全囲い付き仕様への対応可能
  • 動作中のメカ部分への接触を防ぎます!

 

大型ECIP
  • ターンロック式だけではなく、ヨークフレームにも対応する事で、大型化が可能!

 

20kN手動式テーブルプレス

イメージ

 

ターンロック機構

ターンロック機構

小型・静動

小型・静動

タッチパネル・急速加圧

タッチパネル・急速加圧

安全囲い付き仕様

安全囲い付き仕様

 

 

 

仕様表

 

型式 容器径
[mm]
有効深さ
[mm]
最高使用圧力
[MPa]
外形寸法
[mm]
重量
[kg]
圧力媒体
ECIP-120/360 Φ120 360L 200/300 1100×800×1620 1000
30[℃]
以下
ECIP-200/600 Φ200 600L 1600×950×1800 1800
ECIP-200/900 Φ200 900L 1600×950×2400 2300
ECIP-300/1200 Φ300 1200L 大型機、特注設計
ECIP-380/900 Φ380 900L

※Φ400以上の製作実績あり!

大型全自動ECIP

 

大型ECIP の特注設計も可能です。一度に多くの成形・大きなサイズの成形、必要な成形品サイズに応じて弊社からご提案させて頂きます。大型化へは、耐圧用にワイヤ巻きフレームを採用。容器の前後移動によりフレームへの出し入れを行う構造の為、BOX 型を維持したスマート設計です。

 

大型全自動ECIP