転動造粒

小型パン型造粒機

微粉末のハンドリング向上、粗形状品の面取り、プレス前の流動性向上などあらゆる用途に大活躍!!

転動造粒方式による造粒品の製造に

造粒目的
  • 微粒末のハンドリング性向上
  • 粒状商品(肥料等)の製造
  • 粗形状品の面取り(球状化)
  • かさ密度向上
特徴
  • 小型機から中型機まで製作
    (パン寸法:φ350~1500mm)
  • パン傾斜角度可変(0~90°)
  • インバーター制御によりパン回転数調整可(10~45rpm)
  • スクレーバー(傾斜角度可変)により粉末付着の防止
  • 自動スプレー噴霧機により噴霧角度・量・タイマー等設定可能
  • パン表面:バフ研磨鏡面仕上げ
  • 電源:三相200V

小型パン型造粒機

イメージ

 

転動造粒中

転動造粒中

アルミナ造粒品

アルミナ造粒品

φ500mm温水加熱タイプ

φ500mm温水加熱タイプ

φ700mmタイプ

φ700mmタイプ