粉砕機トピックス

 

 

粉砕機グループでは主に「粉砕機」・「遊星型ボールミル」・「超音波振動ふるい」を取り扱っております。
粉砕機はラボ用、研究用の小型粉砕機から、生産用の大型粉砕機まで取り揃えております。粉砕可能な原料は多種に渡り、様々な原料が粉砕可能です。お問い合わせ頂ければ、最適な粉砕機をご紹介させて頂きます。
遊星型ボールミルはボールミルと比較し、大幅な処理時間の短縮が可能となります。弊社では、他社製品と比べ大容量(500cc~10リットル)で低価格を実現させております。
超音波振動ふるいは、普通の振動ふるい機では分級困難な数十ミクロンのふるい分けが可能となります。小型振動ふるい~超音波振動ふるいと幅広く取り扱っております。

 

 

 

粉砕機選定についての豆知識

 

粉砕とは

 

原料に機械的エネルギーを加えて粉末状等に微細化していくことです。
粉砕の種類には、大きく分けて乾式粉砕(圧縮・剪断・衝撃・摩砕)と湿式粉砕(ボールミル粉砕等)があります。粉砕原料の物性、処理量、粒子レベル等の目的に応じた粉砕機の選定が必要となってきます。水分や油分を含む物、繊維質の物は粉砕が困難とされています。

 

 

当社粉砕機の種類と選定

 

粉砕機の種類

 

粉砕機の種類

粉砕後粒度

特徴

主な用途

ロールクラッシャー
粗粉砕機
1~50mm 100mm程度の原料を1~10mmに粉砕 食品、化学原料の凝集物の解砕
カッターミル
粗粉砕機
数mm~
数十mm
原料を剪断するカッター式粉砕機
繊維質や熱に弱い原料に最適
プリント基板、シート状の原料、樹脂系の原料
ロータリークラッシャー
中粉砕~微粉砕機
50μm~
300μm
バッチ式剪断粉砕機
超高速回転で食品・薬品等を強力粉砕
健康食品、穀物、茶葉、木片、乾燥した原料
ハンマクラッシャー
中粉砕~微粉砕機
50μm~
10mm
ハンマー&内壁による衝撃摩砕粉砕粗粉砕から微粉砕までこの一台で可能 健康食品、穀物、茶葉、木片、乾燥した原料
ウイングミル
中粉砕~微粉砕機
50μm~
10mm
衝撃剪断粉砕機
熱に弱い食品等に最適
砂糖等の結晶原料、石鹸、クッキー等の含油原料
ナイロンボールミル
超微粉砕機
数μm以下 円筒形のポットに原料とセラミック球等を入れて、ポットを回転させて粉砕する装置 ミクロン単位の粉砕・混合用途
遊星ミル(ギャラクシー)
超微粉砕機
数μm以下 従来のボールミルでの粉砕・混合時間を何倍も短縮可能 ミクロン単位の粉砕・混合用途

 

粉砕することでの用途

 

鉱物処理・廃棄物処理

 

 

反応促進

 

 

原料の減容・輸送

 

 

 

粉砕機の選定について

 

通常1台の粉砕機で、大きな粒径の原料から一気に微粉砕することは困難であり、それぞれ得意な粉砕粒度領域を持った粉砕機を組み合わせて使用することになります。

 

粉砕粒度の目安として以下のように分けられます。

 

粗粉砕 1~100mm以上
中粉砕 300μm~500μm
微粉砕 10μm~150μm

 

 

 

よくある粉砕用途

 

1.リサイクル原料の粉砕

 

資源として再利用するために、破砕・粉砕する用途が多くなっているようです。携帯電話・プラスチック・ペットボトル・ガラス・木材・石鹸・貝殻・金属モルタル・鉱物・etc…
上記以外にも多種多様なリサイクル原料があり、弊社でも各種原料に合った粉砕機をご提案させて頂いております。

 

 

 

3.御遺骨の粉砕

 

弊社では、エターナルプレートという手元供養商品の製造をしております。その際、御遺骨をパウダー状に粉骨するために粉砕機を使用しております。その他、散骨用や御遺骨の容積を減容(1/3以下)する等の目的で全国の霊園、寺院、葬儀社様でご使用頂いております。

 

2.漢方薬・生薬の粉砕

 

資源として再利用するために、破砕・粉砕する用途が多くなっているようです。携帯電話・プラスチック・ペットボトル・ガラス・木材・石鹸・貝殻・金属モルタル・鉱物・etc…
上記以外にも多種多様なリサイクル原料があり、弊社でも各種原料に合った粉砕機をご提案させて頂いております。