新方式
連続成形機

タブレット成形マシン

1サイクル時間10~30秒/個

フィードボックスから直接金型へ流し込み充填する新方式の連続成形機

Watch video -下記をクリックして動画をご覧ください。-

下ラムが加圧上昇しダイが逆フローティングして上下両軸成形を実現します。フィードボックスから直接金型へ流し込み充填することにより無駄なストロークがなく、成形の時間短縮が可能になりました。また、スリ切りしないので引っ掻きムラが発生しません。

特長
  • 無駄なストロークがない
    →粉マスの前後移動がない
    →無負荷時の上ラム動作がない
  • 粉マスに依るスリ切りが無いため、
    薄物充填が可能
従来のウェーブ成形プレス同様に
  • インバータ速度抑制
  • 荷重-時間のプログラム制御
  • 挟み込み脱型で膨張緩和

 

 

 

 

 

 

 

タブレット成形マシン

 

商品画像

 

振動充填システム

振動充填システム

2ヶ所にバイブレーター装着。ブリッジを破壊し均一充填が可能に。

充填時のスリ切り無し

充填時のスリ切り無し

無駄なストロークが無く成形開始

無駄なストロークが無く成形開始

逆フロート両軸成形機構

逆フロート両軸成形機構

リニアスケールで充填深さ可変自在

リニアスケールで充填深さ可変自在

仕様表

 

能力(kN) ストローク(mm) 外形寸法(mm) 電源 質量(kg)
仕様 300 80 W1100×D1120×H2048 三相200V,50/60Hz 1000